無料プレゼント

ARMSlightFree位置づけについて

2010 8月 31 未分類 1 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by armslightfree

サポート掲示板はじめ直接、あるいはブログ、また、参加しているSNSなどで
お問い合わせや要望が多いものに「購読者登録フォーム」があります

ARMSlightについては無料版と有料版の位置付けなど
ご利用いただく上で情報提供が不足していることを痛感しています

無料版のARMSlightFreeは
無料で広く多くの方に使っていただきたい
という理念を元に提供させていただいています

なぜ無料なのか

それはメルマガ発行したことがない方大勢の相談をお受けする中
やれば利益が出る、大幅に増えると言われても
・新たな出費をする勇気がもてない
・利益が出るといわれてもお前が儲けたいだけじゃないのか
・まぐまぐに新規発行申請しても一向に承認されない
・メルマガ発行ASPは高いし使いにくい
・発行しろといっても、メールは届かないと言っているじゃないか
などできない理由をあげて、最も強力なビジネスツールである
メールを活用されない人がとても多い状況を変えたかったからです

ただ、使い物になるメルマガスタンドなど存在しませんし
独自配信と言っても敷居が高すぎて始められないし
買取型のツールは確かに使えるかどうかもわからないのに
おいそれと出せる金額ではないのかもしれません
また、ほとんどどのツールもメールが届くかと聞かれれば
それは無理に決まっているでしょうと回答せざるをえません

悶々と4年近い日々を過ごし、これ以上自分的にも耐え難くなってきました
打開策は使い物になるツールを限りなく低価格で提供すること

それでも、メール(メルマガ)を使うべきといっている本人が
そのツールを売っているだけでは商売のためとしか受け取ってもらえない

非常に大きな出費になりますがレンタルサーバーで使える
かなり受信してもらえる(メールが届く)
そしてパソコンやサーバーなどよく知らない
メルマガ発行もしたことがない方がすぐ使える

そういうツールを作り無償でご提供することにしました
無償でも商売のためと思う人はお好きにどうぞ
また、ビジネスを完全に否定しビジネス色ゼロでなければ
使う気持ちがない方は、インターネットそのものが
ビジネス前提で成立していますし、ネットが存在するのは
そこでお金がうごき必要となる莫大ななん百億円もの経費がまかなえ
さらに利益を生むからこそ存在し続けていられます
このサイトが見られる段階でお望みの生活とは
異なることをされているのかもしれません

さて、以上の理念を実現するため
・格安レンタルサーバーで使える
・インストールが極力簡単
・MySQLなど難しい設定は不要
・メールソフトと同じ感覚で使える

ということを基本設計としています
これに反する機能はARMSlightFreeには原則入れません

予約配信や読者登録フォームはメールソフトにありませんし
使うためには専用のサイトが別に必要であったり
そこに入れる為に多少なりとCSSの知識が必要
など簡単さから離れる部分がおおすぎるものは入れていません

商品版(有償)のARMSlighはビジネスとしてメールを発行する方向けです
購読者登録フォームはもちろん、登録フォームだけを独立させて
活用できる作りにもなっています
もちろん、営業マンの手助けとなるいわゆるステップメール
(ただしくはオートレスポンダ―)も搭載しています
しかも、一般にあるオートレスポんだーの一部だけを切り出した
ステップメールと言われるあまり使えないものではなく
実際のビジネスに即して使える工夫が凝らしてあります
※販売前のため詳細は伏せさせていただきます

さらにメールを使うのはDRM
ダイレクト レスポンス マーケティングという販売の王道を
もっとも低コストで最大の効果と効力、即効性と継続性を
併せ持っているからなのですが、残念な事にメルマガ発行システムは
メルマガということにとらわれるあまり、DRMとしての機能は何一つ提供していません

ARMSlightでは、DRMをより簡単に実践できるよう
専用のツールとしての側面も持たせています

名称もメールが届き簡単に使い始められるという基本コンセプトも
同一ですが目的は大きく異なるツールとなっています
販売時期は夏を目標に置いていましたが設計に大きく時間をかけた結果
提供開始時期が10月にずれ込んでしまいそうです

販売時期、機能、金額などは今後メールマガジンやこのサイト上などで
順次公開させていただきます

黒川

1件のコメント »

  1. ピンバック by ARMSlightFree購読者登録フォームについて | メルマガ配信ツールARMSlight使い方&サポート — 2010年8月31日

    [...] 直接間接にご要望やお問い合わせの多い機能に「購読フォーム」があります ARMSlightFreeでは、その基本理念から購読フォームという難しい機能は提供していません 想定させていただいて [...]

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

特別プレゼント